LOGO

他学会等からのお知らせ

会員から寄せられた他学会等に関連するお知らせです。

過去のお知らせはこちらをご覧ください。

公開シンポジウム「ワーク・ライフ・バランス概念の学際的再検討」のご案内

千葉大学大学院社会科学研究院 大石亜希子会員から、公開シンポジウム「ワーク・ライフ・バランス概念の学際的再検討」についてのご案内がありましたので投稿致します。

公開シンポジウム ワーク・ライフ・バランス概念の学際的再検討

【趣旨】
ワーク・ライフ・バランスについての研究は各分野で進んでいるものの、学問分野により概念が異なるために共通理解を得たり、研究成果を政策に反映させることが難しい現状があります。本シンポジウムでは専門家を招聘し、概念整理を行うとともにあるべき政策の方向性について議論します。
【日時】
2018年2月13日(火) 13:30~16:30(受付開始13:00)
【場所】
千葉大学西千葉キャンパス大学院人文公共学府(人文社会科学系総合研究棟)2階 マルチメディア会議室(ポスターをご覧ください)
※参加無料・申し込み不要・先着順(定員80名)
【パネリストと専門分野】(敬称略)
黒田祥子・経済学(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
筒井淳也・社会学(立命館大学産業社会学部 /現代社会学科教授)
渡井いずみ・産業保健学(名古屋大学医学部保健学科准教授)
皆川宏之・法学(千葉大学社会科学研究院教授)
【討論者と専門分野】
松田茂樹・家族社会学(中京大学現代社会学部教授)
水島治郎・比較政治学(千葉大学社会科学研究院教授)
【司会・コーディネーター】
大石亜希子(千葉大学社会科学研究院教授・経済学)
【連絡先】
千葉大学大学院社会科学研究院大石亜希子研究室
E-mail: m_yoshinaga[atmark]chiba-u.jp
TEL: 043(290)3579

※本シンポジウムはJSPS科研費17H02585「非典型時間帯就労に着目したワーク・ライフ・バランスの国際比較研究」 (研究代表:大石亜希子)および千葉大学リーディング研究育成プログラム「未来型公正社会研究」の一環として開催するものです。



平成29年度統計情報セミナーのお知らせ

日本人口学会 会員各位

(公財)統計情報研究開発センターの田村と申します。お世話になっております。

当財団では、統計情報及び統計理論・技術に関する知識の普及・啓発を目的として、統計情報セミナーを開催しています。以下、今年度の統計情報セミナーのご案内をさせていただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【平成29年度統計情報セミナーのご案内】

テーマ:
「国勢調査で見える日本のすがた」
日 時:
平成30(2018)年2月16日(金) 13時30分~16時45分(13時開場)
場 所:
ベルサール神保町 3階「ROOM3・4・5」
(東京都千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館)
講演内容:
1 「8分の1地域メッシュ統計データを利用した人口・世帯に関する地域分析例」
講師 小西 純((公財)統計情報研究開発センター主任研究員)
2 「国勢調査結果などに見る市区町村人口の姿」
講師 大林 千一(帝京大学経済学部教授)
3 「新しい世帯分類の開発と国勢調査への展開」
講師 中川 雅義((公財)統計情報研究開発センター参与)

※ 参加費無料・要事前申し込み

詳細及び参加申し込みは当財団HPをご覧ください。

(参加申し込み〆切:2月9日(金)午前11時)

問合せ先:(公財)統計情報研究開発センター(TEL 03-3234-7478)



厚生政策セミナーのお知らせ

国立社会保障・人口問題研究所では、来る2月1日(木)に第22回厚生政策セミナーを開催致します。今回は、「長寿化に関する国際シンポジウム -二大長寿国 日本とフランスの比較-」と題し、フランス国立人口研究所(INED)との共同開催で実施致します。INEDからはマグダ・トマシーニ所長とフランス・メレ上席研究員が来日され、ご登壇頂くことになっております。開催概要は以下の通りです。

[開催概要]

日時 :
平成30年2月1日(木)10:00~16:00(開場9:30)
会場 :
三田共用会議所
定員 :
250名(事前申し込み<先着順>)
言語 :
日英同時通訳有
参加費 :
無料

参加は無料ですが、事前登録が必要です。詳しくは以下のURLをご覧下さい。

http://www.ipss.go.jp/seminar/j/seminar22/index.html



UC Berkeley人口学教員公募

日本人口学会会員各位

University of California, BerkeleyのWilliam H. Dow教授から人口学のテニュアトラックAssistant Professorの公募情報が届きました。

我こそはという方は是非ご応募ください。



人口学研究会特別事業Perfumac(R勉強会)のお知らせ

日本人口学会会員各位

国立社会保障・人口問題研究所 石井 太です。お世話になっております。

人口学研究会(http://minamiken.web.fc2.com/)は、1958年に中央大学の故・南亮三郎教授が創設した研究会で、人口および人口問題について、理論的、実証的あるいは政策的に幅広く研究しています。現在100名をこえる会員を有し、統計学、経済学、社会学、医学・生物学、地理学、歴史学など多岐にわたる視点から研究しています。

このたび、この人口学研究会が特別事業として主催し、Rを用いた人口学研究における方法論と計算手法に関する情報交換を目的とする研究会"Perfumac"(Population study Enhancement with R For Use in Methods And Computing)を、私が組織して行わせて頂くこととなりました。

近年、国連の確率推計がRのライブラリで提供されたり、Frans Willekens先生の“Multistate Analysis of Life Histories with R”など、Rが全面的に使用されている人口学の書籍が刊行されるなど、国際的には人口学研究におけるRの活用がかなり広がってきているように感じられます。ただ、現在のところ、日本はまだそこまでではないように思います。

そこで、人口学研究におけるRの活用について、皆様と一緒に学んでいく機会を設けられないだろうかと考えました。まず第1期として、RやRstudioのインストールや簡単な使用法から始め、私の活用事例のご紹介などから始めたいと考えております。そして、もし、第2期以降も続けられるようでしたら、他の方からもご報告を頂いたりしながら、人口学研究者の間でのR活用に関する情報交換の場として発展させていければと考えております。

この研究会は人口学研究会の特別事業として行いますが、人口学研究会の非会員の方々にも参加して頂けるよう、オープンにして開催します。そこで、日本人口学会の会員各位にもご連絡をさせて頂きました。なお、この研究会への参加につきましては事前登録制を取らせて頂いております。ご参加頂ける方は、以下のウエブサイトにアクセスをして頂き、ご登録をお願い致します。必ずしも予定されている全ての回に参加して頂く必要はありませんが、登録に関しては必ずして頂くようお願い致します。

http://ishii-futoshi.sakura.ne.jp/Perfumac/index.html

勉強会は、人口学研究会定例研究会の始まる前の時間に、中央大学後楽園キャンパスの同会場での開催を予定しており、第1回は9月16日(土)12:30~13:30を予定しております。なお、会場にPCはありませんが、現在、Wifi無線LANの利用に関して調整をして頂いております。Wifi環境の利用が可能となりましたら、皆様のPCをご持参頂ければ、その場で試して頂くことが可能となると思います。これを含め、勉強会の詳細につきましては、上記ウエブサイトにて随時ご連絡をしていく予定ですのでご覧頂ければと存じます。

日本人口学会会員の皆様のご参加をお待ちしております。また、本研究会にご関心のありそうな方にもこのメールを転送・回覧等して頂くなど、お伝え頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

石井 太




本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示
Copyright (C) 日本人口学会広報委員会, 2000-.
All Rights Reserved.
First drafted March 10, 2003
Last revised January 16, 2018